カードローン会社

カードローン会社選びにはかなりの時間を掛けました

審査方法
私が初めてカードローンに申し込むときは、どこを選べばいいのか分からず、なかなか申し込む業者を選ぶことができませんでした。

 

信頼できる、安心して利用できる会社というのはもちろんのこと、金利の安さも重要なポイントの一つですよね。

 

また、カードローン会社によっては利用するたびにポイントやマイルが貯まったり、お得なキャンペーン中というところもあったので、本当に迷ってしまいました。

 

カードローンの口コミや体験談などをネットで読んでみたり、カードローンを利用したことのある友人に話を聞いたりして、自分の気に入ったカードローン会社を見つけるまでに数週間程度掛かってしまいました。
そこで見つけたのが、これです。

 

キャッシングを利用することも考えたのですが、カードローンだと限度額の範囲内なら何度でも繰り返し借りることができるので、そのほうが利用しやすいと思い、カードローンを利用することに決めました。こんな便利なものはありません。

 

返済もリボ払いなので、無理の無い返済計画を立てることができるのも魅力ですね。
頑張って返済します。

激安スーパー活用節約術

金融マニュアル

 

春からの消費税増税がニュースにならない日はありませんが、身近な問題であるだけに気になります。
増税に合わせて収入が増えるかというとそんなことはなく、むしろ減る一方ですので、ここは家計の引き締めが必須です。

 

とはいえ、節約って本当に難しいな、と感じます。
我が家には小学生が2名おり、これからますます食べざかり。

 

食事を貧層にすることだけはできません。
赤ちゃん時代には健康を考え、食材の宅配業者を利用していましたが、収入減によりその利用額は半減させました。

 

品質は多少落ちるけれど、最低限の安全面をクリアできたらヨシとして、激安スーパーでの食材調達に切り替えたのです。
それだけでも食費は大幅に減りましたが、買い物の仕方にも節約ポイントがあります。

 

節約の本やサイトでも度々目にしますが、お財布の中に一定額以上のお札を入れない、ということです。
激安スーパーの落とし穴は、激安すぎてついつい必要以上に買い物をしてしまうという点です。

 

それを防ぐためには、自分で金額の上限を決めてしまえば良いのです。
買い物中の計算は、携帯やスマホの電卓を利用して、カゴに入れたらその値段をどんどん加算していきます。

 

合計額がオーバーしたら、これは今回買わなくても困らないかな?と思うものを戻します。
我が家の食費は、この作戦である程度節約ができています。

 

今後は食材の効果的な使い方、保存方法など、さらに勉強していきたいと思います。
消費者金融のカードローンの場合

11/14