住宅を購入する時は一般的に住宅ローンを組みますが、その際に、担当者からカードローンの借入残高がある場合は完済するように言われます。
その理由は「ローン返済率」にあります。

 

ローン返済率というのは、年間のローンの返済額を年収で割った数値のことであり、この数値が利用者の返済能力を表し、住宅ローンの審査にも影響します。
  そこで、カードローンを利用していると、実際の借入の有無に関わらず利用限度額まで借りたことを想定して借入金額が計算されることになります。

 

従って、カードローンの契約をしていると多額の借金があることになり、ローン返済率を上昇させ、ひいては融資が不可となったり融資額を減額されたりすることにつながります。
  そのため、複数のカードローンを利用している場合はカードローンを借り換えて件数をまとめるなり、利用していないカードローンは解約しておくなりすることが重要になります  ちなみに、ローン返済率は30%以下が適正になっているため、住宅ローンを検討している人でカードローンの残高がある場合は、この数値になるように早急に残高を減らす必要があります。

11/14